SHUZOくんの知恵袋

【第88回】生前整理とは、何をすればいいのでしょうか。

【質問】

私は60代女性です。まだまだ元気なつもりではいますが、いつ何時何が起こるかわからない世の中です。私に万一があったときに、家族に迷惑をかけたくないと思うようになってきました。私の自宅にはモノがたくさんあり、息子から、母さんに愛着があっても僕にはガラクタにしか見えないと冗談半分で言われることもあります。最近生前整理という言葉をよく聞きますが、こういうものを全部捨てるのがいいという事でしょうか。

【回答】

生前整理というのは、決まった定義はありません。最近は、相続税対策や遺言を書くことを含むと拡大解釈する業者も増えていますが、それは終活そのものであり、本来、生前整理はもっと狭い概念です。

一般的には、終活の一内容であり、生きているうちに自分のモノや情報や生き方を整理しておくことです。具体的には、自分が何を持っているのかどんな契約をしているのか今後どんな生き方をしたいのかを整理して把握した上で、遺族が処分に困るものをあらかじめ処分しておくことです。少し前に「断捨離」という言葉が流行りましたが、断捨離と異なり、生前整理は、自分の死後を意識しながらより穏やかに生きるための活動です。

自分にとっては愛着があり価値のあるものでも他人にとっては価値を感じられないということは、残念ながらよくあることです。貴方が亡くなった場合、財産的価値がなく、息子さんにとって主観的価値もないのであれば、息子さんが廃棄処分をすることになります。ただ、ものの量によってはその労力や費用はバカにならないわけです。自分の死後のことだから関係ない、と思う人もいますが、貴方のように、立つ鳥跡を濁さず、という考えを持つ人は少なくありません。そのような方々にとっては、自分で処分をしておくことが、遺族に対する思いやりですし、美しい生き方と言えるでしょう。

もっとも、何を処分するかは自分で判断すべきです。愛着があって手放したくないものを無理やり処分する必要はありません。要は、心が平穏になる行動かどうか、です。不要なものを処分することで、心がスッキリしたり、部屋がきれいになったり、他人とのコミュニケーションが良くなったりすることがあります。そこに生前整理の意味があると思います。

なお、処分をする前提として、現状を整理する必要があります。これについては、エンディングノートを作成しておくことをお勧めします。モノについては見ればわかるかもしれませんが、データや情報や権利などは目に見えず、遺族にとってはモノを残されるよりも負担が重くなるからです。

(弁護士堤悦朗)

前のページへ
老人ホームが倒産したら入所者や入居金はどうなるんでしょうか
次のページへ
【第89回】医者になりたいと言っている孫を応援したいです。