SHUZOくんの知恵袋

父の多額の借金を抱えて破産手続き中に亡くなりました。

【質問】

私は40代男性です。私は全く知らなかったのですが、父は多額の借金を抱えており、自己破産の手続きを行っていたそうです。ただ、その手続中に亡くなってしまいました。その場合、私はこの借金を相続することになるのでしょうか。裁判所から破産開始決定というものは出ているそうですので払わなくてもいいのでしょうか。それとも私自身が破産しなければいけないのでしょうか。

【回答】

多額の借金を抱えており、返済することが困難な場合、裁判所に破産の申立をすることができます。そして、破産手続を開始するという決定を経て、免責決定を得ることができれば、貴方のお父様は返済義務を免れることになります。

本件では「破産開始決定」は出ているということですが、破産開始決定というのは、債務者が返済をすることができない状態であることが認められただけであって、返済をしなくてよいということまでは認められていないわけです。お父様が亡くなられた時点では、まだ返済義務は負っていまし、免責のための手続きは終了します。

ですので、結論からすると、貴方はお父様の借金を相続することになります。

貴方がこの多額の支払い義務から免れるためには、相続放棄という手続きを行うことをおすすめします。家庭裁判所でこの手続きを行えば、貴方は支払い義務を相続しなくてよくなります。なお、プラスの財産も相続できないのでご注意下さい。

相続放棄の手続は、相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内です。これを超えてしまうと相続放棄ができなくなります。つまり、貴方は多額の借金を相続することになり、これが支払えなければ、貴方自身が破産申し立てをしなければなくなることになりますので注意しましょう。弁護士などの専門家に相談するのが必須だと思います。

(弁護士堤悦朗)

前のページへ
身寄りのない私が入院する時に身元保証人を求められたら?
次のページへ
目や耳や手が不自由な人でも遺言書を書けるのでしょうか。