SHUZOくんの知恵袋

死亡保険金が相続財産じゃないなら相続税もかからないですよね?

【質問】

私の父が先日亡くなりました。相続人は私と私の弟です。相続財産は不動産と預貯金があり、金額になおすと2000万円くらいだそうです。父は私を受取人として生命保険の契約をしてくれていました。おかげで私は1500万円を受け取ることができました。弁護士さんに相談すると、この死亡保険金は相続財産ではないので弟に分配する必要はないということでした。一方、相続税はかかると言われました。相続財産ではないのに相続税がかかるというのは変だと思います。相続税を払いたくないのですが・・・

【回答】

そうですね、お気持ちはよくわかります。死亡保険金が相続財産ではないのであれば、相続税もかからないと考えたくなりますよね。これは「みなし相続財産」といって、相続財産ではないけれども相続税との関係では相続財産として扱うというものです。死亡保険金の他にも死亡退職金などが該当します。

なぜわざわざ「みなす」のか、ですが、これは公平な課税のためと言われています。同じ1500万円を受け取っているのに、現金を相続した人は多額の税金がかかる一方で、死亡保険金で受け取った人は全く税金がかからないのは不公平だということです。

ただし、死亡保険金には非課税枠というものがあって、「500万円×法定相続人の数」までは相続税がかかりません。本件で言えば、1500万円のうち1000万円部分は非課税です。

もっとも、死亡保険金1500万円を含めた遺産総額3500万円は、基礎控除額4200万円(=3000万円+600万円×法定相続人数)の範囲内なので、いずれにせよあなたに相続税はかからないということになりそうです。よかったですね。

前のページへ
実家の仏壇を引き取るスペースがないので処分したいのですが・・
次のページへ
国際結婚して海外に住んでいるのですが相続に影響がありますか?