SHUZOくんの知恵袋

老後の資産確保のために不動産投資をするのはどうでしょうか。

【質問】

私は40代会社員ですが、専業主婦の妻と子供3人がいます。昨日宝くじは投資効率が悪いと言われてしまいましたが、それではどんな資産運用がいいのでしょうか。不動産投資はどうでしょうか。銀行から融資を受けて中古マンションを購入してそれを貸して賃料収入を得るというパターンが王道のようです。要するに賃料収入と返済金の差額が利益になるということのようですが、それほど大きなリターンではないように思いましたがどうなんでしょうか。

【回答】

40代で老後のための資産形成を考えるのはとてもいいことだと思います。

不動産投資について、いいとか悪いとかは一概には言えませんが、老後の資産形成のためということであれば、融資金の完済時期を考えると、始めるのであれば早いほうがよさそうです。また、頭金も支払えたほうが良さそうですね。フルローンで融資を組んでくれる金融機関はたくさんありますが、リスクが大きいことは否めません。また、あなたが投資しようとしている物件はどこにありますか?人口減少社会において今から大きく地価が上昇する場所はかなり限定されます。地価の下がり幅が少ない場所や物件を選択する必要があります。そうじゃないと空室リスクが顕在化するからです。また、その不動産を取得する前後にかかる費用も考えておかないといけないですね。不動産取得税や固定資産税などの税金、仲介業者に支払う費用、管理会社に支払う費用、特に中古物件だと修繕費用も考えないといけないです。

そう考えると、賃料収入と融資金返済が同じくらいであれば不動産投資をする意味はないように思われるかもしれません。もっとも、融資金はいずれゼロ円になりますが、不動産の価値がゼロ円になることはないことを考えると、ある時点で損益分岐点を迎え、最終的には売却してキャピタルゲインを得ることができますので、ローリターンではあるものの利益の手残りがあると思われます。

また、投資用不動産についても団体信用保険に加入することができますので、その場合は現物のある生命保険に入ることと同じようなものと考えることができそうです。ご家族がいらっしゃるあなたにとっては、頭金をある程度払えるくらいの余裕があるのであれば不動産投資というのは選択肢の一つと言えると思います。

(弁護士堤悦朗)

前のページへ
老後の資産確保のためにと思い宝くじを買い続けています。もったいないでしょうか。
次のページへ
経営している会社が倒産しそうですが、自宅を家族に残せますか?