SHUZOくんの知恵袋

モラハラ夫と熟年離婚をしたいのですが離婚後の生活が心配です

【質問】

私も夫も60代です。結婚して30年以上経ちます。子どもたちは皆独立し、今は二人暮らしをしています。しかし、夫の思いやりのない言動に耐えきれず離婚したいと考えています。ただ、私は無職ですしこれといった財産は有りませんので離婚して家を出ても生活していける自信がありません。夫は自分名義の預貯金や不動産をもっているのですが、夫は「俺の財産は俺の名義だからお前に取り分はない」と言っています。私は、我慢をして離婚をせず、夫が死亡して妻の立場で夫の財産を相続するのを待つのがいいのでしょうか。

【回答】

終活の一環として、夫との離婚を考える人が増えているようです。

離婚をする場合、夫婦で形成した財産は、二人で分与することになります。これを財産分与と言います。ここで誤解されがちなのですが、財産分与において、分与される財産は、名義関係なく「夫婦共有財産かどうか」で判断されます。夫婦共有財産であれば、原則として1対1の割合で財産を分与することになります。例えば、夫名義の預貯金であっても、あなたと結婚した後に作った口座であれば、その預貯金は夫婦共有財産なのでその半分部分をあなたが受け取る権利をもつ可能性があります。

ですので、むりやり我慢して相続を待つ必要はなく、離婚をして財産分与で正当なお金を受け取った上でご自身の残りの人生を歩むことも前向きに検討してもいいと思います。

ただし、問題は、「そもそも離婚できるか」です。夫が離婚に同意してくれれば問題ないのですが、同意してくれない場合や同意はするが財産は渡さないなどで話し合いが成立しない場合は、調停や訴訟といった裁判所を介した手続きを行う必要があります。

その場合は、まず別居をして婚姻費用分担請求をするのがよいと思いますが、その話はまた後日。。。

(弁護士堤悦朗)

前のページへ
特に財産もないので、夫の死後の家族の生活が心配です。
次のページへ
相続税の節税のために生命保険に入った方がいいですか?