SHUZOくんの知恵袋

母が亡くなりましたが、私は相続税を払わなくていいですよね?

【質問】

この度、母が亡くなりました。父は10年前に亡くなっており、相続人は一人息子の私だけです。母は、借金はありませんでしたが、預貯金もなく年金暮らしでした。資産といえば、築50年前に二束三文で買った古びた家と土地だけです。世の中には相続税という税金があるそうですが、私達のような富裕層でない家庭の場合、相続税は払わずに何もしなくていいですよね?

【回答】

相続が開始すれば、相続税がかかり、相続人は、税務署に相続税の申告をしなければなりません。ただし、相続税の申告が不要になる場合があります。それは、相続した財産の総額が基礎控除の範囲内である場合です。この基礎控除額については非課税とされているからです。

基礎控除額は、3000万円+法定相続人×600万円となります。本件では、法定相続人はあなた一人ですので3600万円ですね。

母の相続財産が3600万円を超えるかどうかが問題になりますね。安価な家と土地だけだということですから、3600万円を超えないかもしれませんが、50年前に安価だとしても、地域によっては現在高騰している可能性もあります。そうすると、相続税は発生し、あなたは相続税申告をしなければなりません。ですので、まずは、その不動産の価値を正確に把握しましょう。

どのように不動産の価値を決めるのか、相続税はいくらになるのか、相続税を払えない場合はどうするのか、などについては、後日この知恵袋でご説明したいと思います。

前のページへ
父が行方不明になって10年経ちます。父の財産をどうすればいいですか?
次のページへ
相続税が払えない場合はどうすればいいですか?